eスポーツが近い将来オリンピックの新種目になる?

eスポーツ

最近、たまにニュースなどで取り上げられているeスポーツをご存知でしょうか?

コンピューターゲームをスポーツ競技として扱ったものをeスポーツと呼び、
eスポーツは近い将来オリンピックの新種目になると言われています。

実際、2018年にジャカルタで開催されたアジア版のオリンピック
「アジア競技大会(略称:アジア大会)」では公開競技になりましたよね。

えっ?ゲームがスポーツなんですか?と疑問に思う方いると思いますが、
近い将来オリンピック種目になるだけでなく、すでにプロのゲーマーがいて、
eスポーツの大会で賞金を稼いで生計を立てている方もいるほど。

世界の大会では、何億~何十億といった高額賞金が貰える大会もあるんです。

日本ではまだあまり知られていないので、eスポーツという言葉を聞いても
何のことだかイマイチわからないといった方が多いと思います。

そこで、ここでは、そんなeスポーツのことがよくわからない方のために、
eスポーツについてわかりやすく解説しておきました。

近い将来やってくるであろうeスポーツブームの波に乗り遅れないためにも、
今から少しずつeスポーツについてお勉強しておきましょう。

そもそもeスポーツとはどういうものなのか?

まず、eスポーツがどういうのもかということを最初に説明しておきましょう。

eスポーツとは複数人のプレーヤーが参加して競い合う
コンピューターゲームやビデオゲームのことを言うそうです。

日本ではスポーツと言えば野球やサッカーをはじめとする
体を動かして行う競技のことを指すので、
ゲーム=スポーツと言われても理解できないかもしれません。

調べてみるとスポーツ(sports)という言葉は、
「遊ぶ、楽しむ」といった意味があるdeportareが語源だそうです。

そういうこともあってか、欧米では身体的なスポーツ(野球・サッカーなど)、
思考的なスポーツ(チェス・囲碁など)と並んで、電子的なスポーツとして
eスポーツもスポーツの1つとして扱われているみたいです。

今後アジア大会で扱われそうなeスポーツのゲーム種目は?

将来オリンピックの新種目になると言われているeスポーツは、
今年のジャカルタで開催されたアジア大会で公開競技として行われました。

もちろん、陸上、水泳、野球、サッカー、テニス、バスケットボールなどの
体を動かす競技もアジア大会では行われていますが、
これに加えてeスポーツも競技として行われていたんです。

2022年のアジア大会より採用されると言われているeスポーツですが、
今後どのようなゲームが種目として扱われるかまだ決定していません。

ここでは、「FIFA17」、「Dota2」、「StarCraft」、「Hearthstone」、
「THE KING OF FIGHTERS 14」など、過去に世界大会で採用されたゲームや
今後アジア大会で採用されそうなゲームのタイトルをいくつか挙げてみました。

「FIFA17」はサッカーゲームです。

“FIFA”と言えば、国際サッカー連盟のことですね。

ウイイレ(ウイニングイレブン)と双璧を成すサッカーゲームでしょう。

「Dota2」はLeague of Legends(LoL)と並んでMOBA系ゲームで有名なゲーム。

MOBAとは正式名称を「Multiplayer online battle arena
(マルチプレーヤーオンラインバトルアリーナ)」と言い、
複数人のプレーヤーが敵味方5対5に分かれて敵陣を制圧するゲームのこと。

「Dota2」は各自が100体を超えるキャラクターから1つ選び、
5対5で敵陣に切り込んでいき、本陣を制圧すれば勝利となります。

「StarCraft」はRTS(Real-time Strategy)リアルタイムストラテジーゲームの一つ。

RTSゲームはゲームの進行に際して決まりごとや指示などがなくて
リアルタイムに展開されていくゲームのこと。

3つの種族から1つ選び、資源を集めながら施設やユニットを作ったりし、
自軍の兵士を持って敵陣の施設を全て破壊すれば勝利となります。

「Hearthstone」は課金などのできる対戦型のトレーディングカードゲーム。

とてもシンプルなルールで、ヒーローというキャラクターから1つ選んで、
対戦相手の体力(ライフポイント)を先に0点にした方が勝利となります。

「THE KING OF FIGHTERS 14」は複数人のチーム戦で行う対戦型格闘ゲームで、
制限時間内に対戦相手の体力を先に0にした方が勝利となります。

3対3で行うチームバトル形式の「TEAM VS」の他に、
6対6で行い1人ずつ勝ち抜いていく「PARTY VS」などがありますが、
1対1の「SINGLE VS」でも対戦することができます。

eスポーツの大会で支払われる賞金はいくら?

eスポーツの大会では、驚くような高額の賞金が支払われているようです。

まあ海外は日本に比べてeスポーツの競技人口が多いですからね。

特に中国での盛り上がりは加熱しているようで、
世界のeスポーツは中国の選手がかなり強い印象があります。

海外ではすでに競技人口は1億人を超えたと言われていますが、
日本の場合はまだ数万人程度しかいないと言われています。

こにには法律の問題なども関係しているようですが、
日本は海外と比べてかなり遅れているので仕方ないところでしょう。

海外の賞金額ですが、億単位の大会も少なくはなく、
過去に「Dota2」の「The international 2017」という世界大会において、
賞金総額が約27億(優勝は約11億)という史上最高額の大会が開催されました。

eスポーツってこんなに夢があるんですね。

今は将来なりたい職業にYouTuberが上位にランクインしていますが、
近い将来プロゲーマーになりたいという子供が増えそうな気がします。

しかし、日本ではそう簡単にはいかなそうですね。

と言うのも、それに比べて日本のeスポーツの大会は景品表示法、風俗営業法、
賭博罪といった3つの法律があるため10万円までしか賞金が貰えません。

ただし、数は少ないですがこれらの法律に引っかからないようにして
「モンスターストライク」の大会で5千万という賞金出た時もあったようですが、
これらの法律がある以上、なかなか日本での普及は難しいかもしれません。

日本における今後のeスポーツ拡大への課題とは?

やはり法律の壁が何よりも乗り越えなければならない大きな課題でしょう。

景品表示法などはプロライセンスを発行してプロゲーマーという職業を確立しれば、
その仕事の報酬として賞金を貰うならば法律に引っかからないとか。

そうすれば、賞金の上限が10万円なんてことはなくなり、
何百万、何千万、そして、行く行くは何億という賞金額も出るやもしれません。

他にも賭博罪や風俗営業法にも触れないようなやり方を確立しないと、
いつまでたっても日本でのeスポーツの拡大は難しいと思います。

あとは、日本でいかにeスポーツをスポーツとして認知してもらうかです。

プロゲーマーに対して日本はまだまだ否定的なイメージしかなく、
この意識を肯定的なイメージに変えることもそう容易ではないでしょう。

おしらく、今の日本では親にプロゲーマーで食べていくと言ったら、
何バカなこと言ってんだといって叱られるに違いありません。

日本でも海外のようにe-スポーツが浸透していき、
当たり前のようにプロゲーマーが職業として認知されるには、
まだもうしばらく時間がかかるかもしれませんね。

コメント