ATPファイナルズ2018に錦織圭が2年ぶり出場

ATPファイナルズ2018

一年間行われてきたATPワールドツアーの最後を締めくくる大会
ATPファイナルズ2018が今年も開催されます。

今年も世界ランキングの上位8人がイギリス・ロンドンに集結し、
トップ選手の中のトップを選ぶ世界最高峰の戦いが繰り広げられます。

日本からは2年ぶり4回目の出場となる錦織圭が参戦することから、
日本のテニスファンにとって絶対に見逃せない大会になりそうです。

でも、ATPファイナルズ2018がどういった大会なのか
あまりよく知らないという方も多いんじゃないでしょうか。

そこで、そんな方のためにATPファイナルズ2018が
どのような大会なのかわかりやすく解説してみました。

大会の概要、ルール、賞金やポイント、出場選手と組み合わせなど
知っておくと大会がより楽しめるようになるポイントをまとめているので、
テニス初心者の方は、ぜひ、参考にしていただければと思います。

ATPファイナルズとはどのような大会なの?

ATPファイナルとは、世界ランキング上位8人のみに出場が許され、
その年の年間チャンピオンを決めるために開催される大会のことです。

1970年に「ザ・マスターズ」という大会名で始まった大会は、
現在はATPファイナルという大会名に変わり今回の2018年で49回目。

ATPワールドツアーの中では、グランドスラムと呼ばれている
全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンの
四大大会の次ぐ格式高い大会に位置づけられています。

世界中のプロテニスプレーヤーにとって憧れの大会と言えますね。

大会に出場する選手は、大会前までの世界ランキングの順位で選ばれます。

世界ランキングは、一年間行われるATPワールドツアーを転戦し、
各大会で与えられるポイントの総獲得ポイントによって順位が決まります。

そして、その総獲得ポイントの上位8名、つまり世界ランキング8位までが、
その年を締めくくるATPファイナルに出場できるというわけです。

ちなみに、錦織圭の大会前の世界ランキングは9位でしたが、
4位のフアンマルティン・デルポトロが右膝負傷で欠場したため、
その代わりに錦織圭の繰り上げ出場が決まりました。

今回の大会は、イギリス・ロンドンで11月11日~18日まで開催され、
ロンドンでの開催は2020年まで継続されるようです。

ATPファイナルズの大会ルール

次にATPファイナルズの大会がどのようなルールで進んでくか見てきましょう。

まず大会はラウンドロビンと呼ばれる予選リーグが行われます。

ラウンドロビンは2グループ各4人ずつに分けられて、
3セットマッチの総当たりで2位までが準決勝へと進めます。

そして、準決勝では各グループの1位と2位が対戦し、
勝った方が決勝に進むというルール形式になっています。

決勝へ進む確率を上げるには、ラウンドロビンを1位通過することが重要ですね。

ちなみに、毎回ラウンドロビンの各グループには、
過去に活躍した名選手の名前がつけられています。

今回は「グーガ・クエルテン」と「レイトン・ヒューイット」
という名前が各グループの名称に使用されているようです。

ATPファイナルズで貰える賞金とポイント

とても格式の高くツアーの一年を締めくくるATPファイナルズともなると
貰える賞金額は破格と言えるぐらい高額に設定されています。

では、ATPファイナルズでいくらぐらいの賞金が貰えるか見てきましょう。

まず、ATPファイナルズに出場するだけで約2300万円貰えます。

ただ大会に出場するだけこれだけの賞金が貰えるんですよ。

中にはこの約2300万円目当てで試合では無理をしない選手もいるかもしれませんね。

そして、ラウンドロビンで1勝するごとに同じ約2300万円貰えるそうです。

ラウンドロビン全勝だと約2300万円×3勝=約6900万円になります。

これだけでもスゴイんですが、これだけで驚いてはいけません。

次の準決勝でも勝つとさらに約7000万円が貰えるんです。

そして、決勝でも勝って見事ATPファイナルズで優勝すると、
優勝賞金額はなんと破格の約1億4400万円まで跳ね上がります。

もし圧倒的な強さでラウンドロビン、準決勝、決勝と全ての試合で勝って
全勝優勝した場合、総獲得賞金額は約3億600万円になります。

あと、ATPファイナルズには出場者8名が辞退した時のために
リザーブという代わりに出場する選手も控えています。

実は、このリザーブの選手にも約1200万円の賞金が支払われるようです。

辞退者が出なくて試合に出場しなくても支払われますから、
ものすごくオイシイとしか言いようがありませんね。

ランキングポイントについては、ラウンドロビンを1勝するごとに200ポイント。

準決勝を勝つと400ポイント、そして、決勝を勝つと500ポイント貰えます。

つまり、ラウンドロビン、準決勝、決勝とすべての試合に勝って
全勝優勝した場合、総獲得ポイントは1500ポイント貰えることになります。

ATPファイナルズ2018の出場選手と組み合わせ

最後にATPファイナルズ2018の出場選手と各グループの組み合わせを紹介。

【グループ・グーガ・クエルテン】

ノバク・ジョコビッチ(ランキング1位)
アレクサンダー・ズベレフ(ランキング5位)
マリン・チリッチ(ランキング7位)
ジョン・イスナー(ランキング10位)

【グループ・レイトン・ヒューイット】

ロジャー・フェデラー(ランキング3位)
ケビン・アンダーソン(ランキング6位)
ドミニク・ティエム(ランキング8位)
錦織圭(ランキング9位)

気になる錦織圭はグループ・レイトン・ヒューイットに入りましたね。

世界ランキング2位のラファエル・ナダルも欠場したため、
錦織圭はラッキーなグループに入った感じがします。

ノバク・ジョコビッチと戦わなくて済むのは大きいと思います。

とは言っても、ATPファイナルズ2018に出場する選手は
世界ランキング上位の選手ばかりですから、
ここまで来たらどの選手とあたっても強いでしょう。

錦織圭がどんな試合を見せてくれるか楽しみですね。

コメント